肉離れの原因や処置が分かる3つのステップ


運動をしているときに身体が急に痛みだすことがありますね。実はそれ、肉離れかもしれません。スポーツマンにとって肉離れは予防したいものです。また、肉離れになったらどんな処置をすればいいか、何が肉離れの原因か、などを知っていってください。

  1. 肉離れの原因は何ですか?
  2. 肉離れになったらどんな処置をすればいいでしょうか?
  3. 肉離れの予防方法は何をすればいいですか?

1.肉離れの原因は何ですか?

1-1.肉離れとはどのようなモノを指すのでしょう?

肉離れとは何でしょう? 何をしたら肉離れになるのか、知っておきたいですね。たとえば、自分の筋力に耐えられない動きをすると、筋肉のけがにつながります。この筋肉が傷ついた状態を肉離れと呼ぶようです。詳しく説明すると、筋肉膜や筋肉を傷めたり、断裂することを指します。軽いモノから重いモノまであるので、ここで重い肉離れにならないようにチェックしておきましょう。

1-2.肉離れの原因にはどんなモノがあるんですか?

肉離れの原因はいろいろです。疲れていたり、寝不足だったときに肉離れになることもあります。ただし、運動をする方が多いでしょうから、運動をするうえで何故肉離れになるのか知りましょう。筋力不足だったり、運動の準備不足だったりすると肉離れになりやすいようです。自分の筋肉でできない運動を無理して行うことや、筋肉を温めずに運動をすることをしないようにしましょう。

1-3.何故運動をすると肉離れになるんですか?

運動をするときに、自分の筋力より強い力を与えると肉離れになります。自分の筋肉で支えられない力を筋肉に与えてしまうわけです。これで筋肉が壊れてしまいます。また、運動をする前には準備運動が大事ですよね。これは、筋肉も運動をする準備をしたいからでしょう。十分に筋肉をストレッチするだけでも、肉離れになりにくくなるんです。

2.肉離れになったらどんな処置をすればいいでしょうか

2‐1.肉離れを放置したらどうなりますか?

肉離れを放置してはいけません。治るのに時間がかかるだけです。大好きな運動ができなくなりますよ。肉離れになったら、すぐに応急処置をしてください。応急処置をしても痛みが続く場合は病院に行きましょう。あとででいいや、という考えはいけません。自分が思っているよりも症状は重い可能性があります。とにかく、放置はやめましょう。

2-2.肉離れの簡単な処置を教えてください

肉離れになったと思ったら、運動をやめて安静にしましょう。そして、痛む部分を冷やしてください。どのくらい早くからアイシングをしたか、が治りやすさに関わってきます。テーピングも大事です。軽い肉離れならば、筋肉の繊維に垂直となるようテーピングをしてください。痛む場合は、水平と垂直と、交互になるようテーピングをしましょう。大事なことは、痛みがある場所に変化があったときに、その場所の筋肉の繊維に垂直になるよう、テーピングすることです。テーピングは広い範囲で行いましょう。テーピングが大事ですが、アイシングも忘れないでください。両方が必要なことです。

2-3.治ったと感じるときはどんなときでしょうか?

肉離れは治すのに根気が必要なモノです。治ってきたら、医師の許可をとってリハビリを始めましょう。なぜなら、筋肉を安静にしていた分、衰えているからです。そのため、リハビリをして少しずつ元の筋力を取り戻し、スポーツ生活へと戻れるようになれば、治ったと言えますね。満足のいく運動をするためにも、治療とリハビリは根気よくがんばってください。そして、いつもの運動ができるように治しましょう。

3.肉離れの予防方法は何をすればいいですか?

3-1.何に気をつければいいですか?

まず、よく眠って疲れをとってください。疲れも肉離れの原因の1つです。そして運動の前に十分なストレッチが必要となります。筋肉を温めておくことが重要です。また、自分の力を過信しないようにしましょう。無理な動きは筋肉を傷つけます。己を知ること、それが肉離れの予防となるでしょう。自分ができる運動をすること、できないことはできるよう、徐々に努力をしていくことが必要です。ですから肉離れにならないよう、少しずつ筋肉を動かしましょう。面倒かもしれませんが、基本的なことを忠実に守ることが一番大事なんです。

3-2.何をすると安全ですか?

運動をする前に準備運動が大事だということは書きましたね? ところで、運動のあとにクールダウンはしていますか? これも身体のためには必要なことです。準備運動をして筋肉を温めて、運動をする。すると筋肉を存分に使えます。そのあとでクールダウンを行い、筋肉の疲れをとり、筋肉を休ませる動きをする。これで、肉離れのしにくい筋肉を作ることができます。運動の基本を忘れないことが大事ですね。基本的なことは忘れがちですが、けがをしないためのノウハウがつまっています。だから基本は大切にしましょう。

3-3.再発しないためにはどうすればいいですか?

肉離れとは再発しやすい、恐ろしい状態です。リハビリを経て、もう治った! と思ったときに再発しやすいようです。ですから、自己判断でリハビリを辞めたりせず、トレーナーから許可がおりるまで待ちましょう。何度も書くように、肉離れは根気との勝負です。大事な自分の身体は、自分が守ってあげましょう。

まとめ

  • 肉離れって何ですか?
  • 肉離れになったらどんな処置をすればいいでしょうか?
  • 肉離れの予防方法は何をすればいいですか?

運動をしていると、いつ肉離れが起きるか分かりません。また、一度肉離れになると、治すのに時間がかかり、根気が必要です。普段から肉離れの予防をしておいて、未然に防げるよう努力しましょう。もし肉離れになってしまったら、すぐに処置をしてください。そして安静に、ゆっくりと治しましょう。あせりは禁物です。普段なら運動をしている時間を、ゆったりと過ごしてみてください。新しい面白さがあるかもしれません。もちろん、肉離れが治ったら今までのように運動を楽しんでください。肉離れになることはこわいですし、いやでしょう。でも、治らないわけではないんです。根気よく治療すれば治ります。ですから、肉離れになってもちょっとした人生の休憩として、ゆっくり休んでください。


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院