ふくらはぎがパンパンになるむくみ!原因を知って生活習慣改善が必要


ふくらはぎがパンパンに張ってしまう・むくみが目立つ・だるさを感じる・足が太いなど足の症状を感じる方は、特に女性に多い症状です。
デスクワーク中心で運動不足がきっかけで発症することも少なくありません。エアコンで湿度調整を続けていると、冷えや乾燥を感じることもありますよね。日常生活の些細(ささい)な出来事でも、ふくらはぎの異常を感じる原因にもなるのです。
生活習慣も大きくかかわっていることがわかってきています。だるく辛(つら)い症状はなるべく早く解消し、健康を取り戻すようにしましょう。
この記事を参考にして、ご自身の体調や普段の生活習慣を見直すきっかけにしてみてください。

  1. ふくらはぎが張る原因と解消法
  2. ふくらはぎが張りやすい人
  3. ふくらはぎの張り予防策
  4. まとめ

1.ふくらはぎが張る原因と解消法

ふくらはぎの張りは辛(つら)いですよね。まずはなぜふくらはぎが張るのかを知ることから、解消法を模索していきましょう。
痛みはないが張っているケースと痛みを伴うケースとあります。それぞれ原因は異なりますが、どの原因があてはまるかを参考にしてみてください。

1-1.生活習慣によるもの

デスクワーク中心の方は、どうしても長時間同じ姿勢を続けることが多いですよね。立ち仕事でも同様。同じ姿勢を取り続ければ、ふくらはぎがむくみなどの症状が出やすくなるのです。
同じ姿勢をキープすることで、血流悪化で停滞し、むくみを引き起こしてしまいます。1時間に1度は立ち上がってストレッチなどをするといいでしょう。

1-2.低血圧の方はなりやすい

心臓は健康な状態でも、足から心臓まで血液を引き上げる能力が低下すると、むくみなどの症状が現れます。足にある筋肉のポンプ機能の衰えによるもの。静脈瘤(りゅう)などもできやすくなるため、普段からマッサージをするなど筋肉のトレーニングを行うようにしましょう。

1-3.肥満も原因

肥満は、すべての病気リスクが上昇する原因です。足がパンパンになるのも同じで、肥満によって心臓への負荷が大きくなり、足に静脈血が溜(た)まりやすくなります。血液を心臓まで押し上げる力が不足するために起こるもの。
肥満は呼吸を浅くし、静脈血のスムーズな流れを遮断すると考えられています。

1-4.冷え性

冷えとむくみは深い関係があります。体温が36℃以下の方はよう注意です。血流悪化によってむくみ症状がひどくなることがわかっています。普段から薄着や露出の多い服を着ている方は、体を温める工夫をすることで改善されるケースも多いのです。

1-5.塩分過剰摂取

外食中心・コンビニ弁当ばかりの食生活を送っている方は、食生活から見直すといいでしょう。外食やコンビニ弁当は一見おいしそうに見えますが、実は塩分が過剰に添加されているのです。インスタント食品も同様。細胞内水分が多くなる傾向があり、足がパンパンにむくんでしまうことも少なくありません。

2.ふくらはぎが張りやすい人

前述でも触れたように、生活習慣が大きくかかわっています。ふくらはぎにある血液のポンプ機能が停滞することで、足先まで十分な血液が送られなくなってしまうのです。
冷え性を悪化してしまう原因にもなりやすいので、前述で触れた内容にあてはまる人は、生活の見直しを図るようにしてみてください。
足のむくみが激しい方は、「靴は朝に買う」という格言があるほど。日中の仕事環境や体調の変化によって、夕方はむくみが出やすいことから由来しています。
特に男性より女性がむくみやすい傾向にあるのは、冷えに弱いということも関係しているのでしょう。足に靴下の跡がくっきりついてしまう方も、自覚症状はなくてもむくみが発生していると考えるべきです。
むくみは血流循環の悪化だけに目を奪われがちですが、がんなど深刻な病気に発展することもあり、健康の目安になるものとなるでしょう。

3.ふくらはぎの張りの予防法

ふくらはぎのパンパンな張りは、適度な運動を行って血流促進することで解消できます。手軽に始められるものもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.運動をする

運動と聞くとハードルが高いイメージを抱く方も少なくありません。運動は苦手だから無理だと決め込まず、できる範囲のことから始めてみてはいかがですか? 
普段はエレベーターを使っていたけれど階段を使うようにする・つま先立ちを1日に数回行う・スクワットを取り入れるなども、続けていくことで効果が現れます。
時間にゆとりがある方や運動に関心がある方は、ジョギングやより手軽に始められるウォーキングを試してみてください。少しでも体を動かすように意識し、血流改善につなげていきましょう。

3-2.マッサージ

むくみ解消と聞いて1番に思い浮かぶのは、マッサージだと思います。太い足を細く見せたいという気持ちから始める方もいるのです。
むくみが発生しやすいのは、過剰な水分や老廃物が蓄積して排出されにくい状態にあるため。リンパを刺激するようにマッサージすると、効率よくリンパから老廃物などを排出する作用があります。むくみで悩んでいた足もほっそりした印象を取り戻すことができるでしょう。
リンパマッサージのポイントは、膝(ひざ)裏をよく揉(も)み、その後リンパを流すように足首から一気にふくらはぎまで両手で強めにさするようにマッサージしていきます。オイル・クリームを使うとスムーズな滑りでよりマッサージしやすくなるでしょう。
注意したいのは、リンパ管に老廃物を流すイメージを頭に入れて行うこと。マッサージを終えたら、すっきり爽快な気持ちになるはずです。効率よく行うことで、女性が特に気にしているセルライトも潰して老廃物とともに排出することができるでしょう。

4.まとめ

足がパンパンになる症状について、原因や解消法をご紹介しました。

  • ふくらはぎが張る原因と解消法
  • ふくらはぎが張りやすい人
  • ふくらはぎの張り予防法

運動不足・低血圧・冷え・肥満・塩分過剰摂取などが、ふくらはぎのむくみを引き起こす原因です。生活習慣とも密接なかかわりがあります。
むくみは放置しておくと、がんなど深刻な病気に発展することもあるのです。自覚症状を感じたら、適度な運動やマッサージなどを取り入れ、血流改善と老廃物の排出を促すように心がけましょう。
むくみは健康の目安になります。見逃さずに症状を見極めて、生活改善に努めることが大切です。


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院