【決定版】肩こりの悩みをスッキリ解消!もう悩みたくない人は必見


「肩こりのせいでいつも体が重い」「肩の痛みが気になって仕事に集中できない」など、肩こりの悩みは尽きませんよね。肩こりがひどくて、仕事やプライベートにも支障が出る状態では困るでしょう。今回は、肩こりの悩みをスッキリ解消するために有効な方法をいろいろと紹介しています。もう肩こりで悩みたくない人や、スッキリと軽い体になりたい人はぜひご覧ください。

  1. 肩こりの基礎知識・定義を学ぼう
  2. 四十肩・五十肩とはどんな状態なのか
  3. 家庭でできる肩こり解消法を紹介
  4. 肩こりの解消法として整体院を検討しよう
  5. 肩こりに効果的な予防法を知っておこう
  6. 肩こりにかんするよくある質問に回答
  7. 肩こり解消のためのお役立ち情報

家でできる肩こり解消法の紹介や、最新の治療法・予防法についても解説しています。本気で肩こりを治したいと思っているのならじっくり読んでくださいね。

1.肩こりの基礎知識・定義を学ぼう

まず、肩こりとはどのような症状のことなのか、など基礎知識や定義などを学びましょう。基礎を学ぶことは、肩こりを根本から解消するためにも必要なことです。

1-1.肩こりの主な症状を確認しよう

肩こりの主な症状には、以下のようなものがあります。

  • 肩が重い
  • 肩の痛み
  • 肩が張る
  • 肩を動かしづらい

また、肩だけでなく首や背中も連動して症状が出ることもあるでしょう。

1-2.肩こりのいろいろな原因について

肩こりになる原因は、主に以下のとおりです。

  • 肩の周辺の筋肉が疲労する
  • 眼精疲労
  • 肩の周辺の血行が悪い
  • 肩の周辺の筋肉バランスが悪い
  • 姿勢が悪い
  • 骨格の歪(ゆが)み
  • 骨格が華奢(きゃしゃ)で肩幅が狭い
  • 歯の噛(か)み合わせが悪い

肩は、頭を支えている首とつながっていることから、どうしても大きな負担がかかりがちな部位です。中には、骨格の問題から肩に力が入りやすい人もいるでしょう。しかし、生活習慣の悪さで肩こりになる人が多いと言えます。

1-3.肩こりに伴うにはどんなものがあるかをチェック

肩こりは、肩のいたみやこりなどのほかにも多くの症状を伴うことがあります。具体的に、どのような症状を併発しやすいのかチェックしましょう。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 息苦しさを感じる
  • うつ状態
  • 首痛
  • 腰痛

肩こりが起きた後に、上記の症状が出ることもあります。肩こりを感じたときは、ほかの症状が出る前にすぐに対応しましょう。

1-4.肩こりと首痛・腰痛との関係性について

肩こりは、首痛や腰痛とも連動していると言えます。肩こりがある人は、首こりも同時に発症していることからも関係性があると言えるでしょう。また、骨格の歪(ゆが)みから来る肩こりの場合は、腰痛も連動することが多いのです。姿勢が悪いことで、肩こりと腰痛、さらには首痛を同時に発症することもあるでしょう。さらに、肩こりを無意識にカバーすることで腰痛や首痛になることも。肩こりと、首痛・腰痛は深い関係があるのです。

1-5.肩こりで想定できる病気を知っておこう

肩こりは、ほかの病気のサインになっていることもあります。具体的には、以下のような病気を考えることができるでしょう。

  • 頸椎(けいつい)ヘルニア
  • 頸椎(けいつい)捻挫
  • 高血圧
  • 更年期障害
  • 肺がんやすい臓がんなど
  • 狭心症(きょうしんしょう)・心筋梗塞(しんきんこうそく)
  • うつ病

肩こりを甘く見ることは、いけません。一般的な肩こりの症状以外に、手足のしびれを感じたり肩の痛みが強過ぎたりする場合は、単純な肩こりではない可能性があるでしょう。また、うつ病の症状としての肩こりもあります。心配な人は、念のため医師の診断を受けてくださいね。

1-6.肩こりになりやすい人の特徴とは

肩こりになりやすい人には、共通の特徴があります。自分が当てはまっているかどうか、チェックしてみてください。

  • 骨格が華奢(きゃしゃ)・肩幅が狭い人
  • 姿勢が悪い人
  • 長時間同じ姿勢で作業をする人
  • 精神的なストレスをためやすい人
  • 冷え症の人
  • 喫煙者
  • 食事バランスが偏っている人

体格など、自分ではどうしようもできない特徴もあるでしょう。しかし、中には、改善できる要素もあるので努力をする価値もありますね。

2.四十肩・五十肩とはどんな状態なのか

四十肩や五十肩とは、どんな状態のことなのでしょうか。中高年に多い、四十肩や五十肩について、解説します。

2-1.四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩の症状は、40代以降の年齢の人に多く見ることができます。具体的には、肩の痛みがひどくて肩を回すことができなくなったり、腕を上方向に挙げることができなくなったりするでしょう。また、無理やり動かそうとすると痛みが走ることもあります。

2-2.四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩になる原因は、加齢で起こるのだろうという見解が出ています。しかし、原因については確証が無いのも事実。四十肩・五十肩という呼び名も、40代や50代に多く発症するという理由から付いているのです。でも、40代や50代ともなると筋肉や関節の柔軟性が低下することが多いことも事実でしょう。結局のところ原因としては、やはり加齢によると言わざるを得ないのです。

2-3.自分が四十肩・五十肩かどうかのセルフチェック

では、自分が四十肩・五十肩に該当するかどうかのセルフチェックをしてみましょう。以下の動作がしづらかったり、違和感を覚えたり、肩の痛みを感じる場合は、四十肩・五十肩を発症している可能性が高くなります。

  • 頭の後ろで手を組む
  • ひじを左右に開く
  • 肩に反対側の手を乗せる
  • 両手を背中側の腰に回す

さて、セルフチェックの結果はいかがでしたか。もしも、ひとつでも該当するならば早期治療を検討してくださいね。

2-4.四十肩・五十肩の解消法

現在、四十肩・五十肩を発症している場合、効果的な解消としては体を温めることと無理の無いストレッチを行うこととなるでしょう。四十肩・五十肩の場合は、無理をして肩を動かすことで症状が悪化するリスクが高くなります。即効性は期待できないものの、温めたりストレッチを実行したりして辛(つら)い症状をやわらげることは可能でしょう。

3.家庭でできる肩こり解消法を紹介

それでは、家庭でできる肩こり解消法をご紹介しましょう。いずれも簡単な方法ですから、気になったものを試してみてくださいね。

3-1.肩こりに効果のある湿布薬

肩こりには、市販の湿布薬を使ったことがある人も多いことでしょう。湿布薬は、肩こりの場所に直接貼ることができるほか、貼っていて気持ちよい点が大きな特徴です。湿布薬にも、温かいタイプと冷たいタイプがありますが、肩こりの解消には血行促進効果を考えて温かいタイプを選んでください。

3-2.肩こりを解消する体操・ストレッチ

肩こりを解消する体操や、ストレッチを行ってみるのも良いでしょう。肩こりを解消する体操は、全身をほぐす運動から始めると効果的です。全身をほぐすことができたら、肩の周辺をゆっくりと回したり上下したりする運動を行いましょう。回数は、10回程度から始めることをおすすめします。ストレッチも同様に、肩の周辺をゆっくりとほぐすように伸ばしましょう。体操やストレッチを行う前は、入浴後で血行が良くなっている状態で行うのがベストですよ。

3-3.肩こり解消に効果のあるマッサージ・ツボ

肩こりを解消する効果のあるマッサージや、ツボについて解説しましょう。

3-3-1.肩こり解消に効果のあるマッサージ

肩こり解消には、肩甲骨(けんこうこつ)に沿ってゆっくりと押しほぐすようにマッサージすると効果的です。入浴後、体が温まっていて肌が清潔な状態で行うと良いでしょう。肩甲骨は、背中側にあることから自分ひとりでマッサージを行うのは難しいです。できれば、家族やパートナーに手伝ってもらってください。

3-3-2.肩こり解消に効果のあるツボ

肩こりの解消には、以下のツボが効果的でしょう。

  • 百会(ひゃくえ):頭の頂点にあるツボ
  • 天柱(てんちゅう):後頭部の生え際の近く・首の骨の外側に位置するツボ
  • 肩井(けんせい):肩の中央にあるツボ

ツボ押しは、ゆっくりと確実に行ってくださいね。肩の痛みを感じたときに、試してみましょう。

3-4.温熱療法で肩こりを解消する方法もある

肩こりは、肩の周辺の筋肉がこり固まってしまうことが原因。しかも、血行不良も同時に起きていることが多いでしょう。そのため、肩の周辺を温熱療法でじっくり温めることが効果的な解消法のひとつになるのです。肩の周辺を温めるためには、熱いお湯に浸して固くしぼったタオルや専門の温熱グッズを使うと良いでしょう。また、温泉に入ることも、温熱療法のひとつとして効果的ですよ。

3-5.肩こり解消用のグッズを試す

肩こり解消に効果的な、市販のグッズを使ってみるのも良いでしょう。たとえば、寝ているときに疲れない枕に替えてみたり磁気ネックレスを使用してみたりなどですね。テニスボールを使って、肩の周辺をほぐすこともできるでしょう。さらに、電動マッサージャーなどの健康家電も、肩こり解消を謳(うた)っているものが多く出ています。

3-6.整体・針・灸(きゅう)に通ってみる

肩こりを解消するために、整体・針・灸(きゅう)に通ってみるのも良いですね。整体・針・灸(きゅう)は、いずれも東洋医学の観点から肩こりを解消する方法。東洋医学では、気の流れや水の流れが悪くなることが肩こりとなって出現するという考えなのです。整体・針・灸(きゅう)も、肩こりを解消する方法として選択肢に入れてくださいね。

3-7.家庭で肩こり解消法を行う注意点

家庭で肩こり解消法を行う場合は、自己判断で勝手に行わないことが最大の注意点になるでしょう。どんな方法でも、正しいやり方があります。自己判断で、勝手にアレンジを加えて実行する人もいるでしょう。しかし、肩こりをひどくする結果になることも多いのでやめてください。また、さまざまな肩こり解消法を実行しても症状が改善しないときは、プロのアドバイスを受けた方が良いでしょう。

4.肩こりの解消法として整体院を検討しよう

肩こりの解消法のひとつとして、整体院に通うことを検討しましょう。自分で解消法を行っても効果が出なかったときや、プロの手を借りてきちんと治したいと考えているときは、おすすめです。

4-1.良い整体院の選び方

肩こりを解消するためには、良い整体院に通いたいものです。それでは、良い整体院に共通するポイントを学びましょう。

  • 肩こりの解消に豊富な実績がある
  • どんな方法で施術を進めるか丁寧な説明がある
  • 料金設定がリーズナブル
  • 実際に肩こりが治ったという人が多い
  • 対応や質問に対する答えが親切で感じが良い
  • 利用者からの評判が良い

やはり、皆さんも整体院には気持ちよく通いたいはず。肩こりの解消に実績が豊富な点も大切ですが、対応の良さなどそのほかの点もしっかりチェックしてください。

4-2.整体院に通うメリットを解説

整体院に通うことは、たくさんのメリットがあります。まずは、肩こり解消のプロに施術をしてもらえることでしょう。多くの実績を持っている整体院は、豊富な経験から皆さんの肩こり解消に適切な方法を選んで実行してくれます。また、予防や再発防止のためのアドバイスを受けることもできるでしょう。さらに、定期的に通院することで慢性になった肩こりもだんだん快方に向かうはずです。整体院に通うことにたくさんのメリットがあることは事実と言えるでしょう。

4-3.整体院での施術方法を知ろう

整体院での施術方法も、さまざまです。ここでは、主に肩こり解消のために施術する方法について解説しましょう。整体院では、主に整体によって肩こりの解消を目指します。人体の構造や肩こりの症状に詳しい施術士が、様子を見ながら施術をするので安心してください。施術の前には、カウンセリングを受けるのが一般的です。カウンセリングは、満足の行く整体を受けるためにも重要なステップ。面倒だからと、適当に答えることが無いようにしてくださいね。

4-4.整体院での肩こり治療の料金

整体院で肩こりの治療に必要な料金は、整体院ごとにまちまちです。ここでは、一例としてご紹介しますので目安にしてください。

  • 肩こり解消ための整体:20分で3,500円程度から

肩の周辺など、上半身だけに限った整体の場合は、高額になることは少ないと言えます。しかし、中には不当に高額請求をしてくる整体院もありますから注意しましょう。施術を受ける前に、明確な料金提示があるところを選ぶことをおすすめします。

5.肩こりに効果的な予防法を知っておこう

肩こりは、予防することも可能です。それでは、肩こりに効果的な予防法についてご紹介しましょう。

5-1.肩こり予防のための筋力トレーニング

肩こりは、筋力バランスの悪さによっても起こります。肩こりを予防するために、筋力をアップした方が良い筋肉は主に以下となるでしょう。

  • 僧帽筋(そうぼうきん):首から肩や背中に向けて広がる筋肉
  • 肩甲挙筋(けんこうきょきん):僧帽筋(そうぼうきん)の下にある筋肉
  • 菱形筋(りょけいきん):僧帽筋(そうぼうきん)の下・肩甲挙筋(けんこうきょきん)の横の筋肉
  • 三角筋(さんかくきん):肩関節の周辺にある筋肉

肩周辺の筋力は、腕の上げ下げを行うだけでも筋力アップ効果が期待できます。なお、筋力トレーニングは、毎日コツコツと続けてこそ効果が期待できるもの。1回にたくさん行うことは、体に大きな負担になることがありますから避けてくださいね。

5-2.肩こり予防には姿勢を正すことも大切

姿勢が悪いことで、筋肉の付き方のバランスが悪くなることがあります。また、骨格の歪(ゆが)みも出てくることでしょう。肩こりは、姿勢が悪いことが原因の筋肉バランスの悪さや骨格の歪(ゆが)みで起こることも多いのです。肩こり予防には、姿勢を正すことも大切であることを覚えておいてください。

5-3.肩こりを予防する方法を行うときの注意点

肩こりを予防する方法であっても、やり過ぎは禁物です。どんなに効果の高い方法でも、やり過ぎることはかえって肩の痛みを増してしまう危険があるでしょう。決まった回数ややり方を守って、程々に行うことが大切です。また、複数回やり続けても肩こりが解消しないときには、ほかの方法を試してみることも良いでしょう。もしも、さまざまな方法を試しても肩こりの悩みが解消できないときは、整骨院などプロに相談してくださいね。

6.肩こりにかんするよくある質問に回答

多くの皆さんの悩みである、肩こり。肩こりにかんするよくある質問に、回答していきます。

6-1.肩こりになりやすい職業にはどのようなものがありますか?

肩こりになりやすい職業は、事務職や経理職など、長時間のデスクワークを伴う職業と言えるでしょう。また、デスクワークでなくても同じ姿勢を続けることの多い職種は肩こりになりやすいものです。一般企業や百貨店の受付も、ずっと同じ姿勢でいることが多いでしょう。できるだけ同じ姿勢を長く続けないように、休憩をこまめにとって体を動かしたりストレッチを行ったりすることが必要です。

6-2.肩こりになりやすいことは遺伝するのでしょうか?

肩こり自体は遺伝しませんが、肩こりになりやすい体質は遺伝する要素もあるでしょう。たとえば、骨格が華奢(きゃしゃ)で肩幅が狭いことは遺伝する可能性もあります。また、遺伝ではありませんが同じ家で暮らすことで生活習慣が似る点も見逃すことはできません。肩こりになりやすい体質が遺伝しなくても、肩こりになりやすい生活習慣は親子の間で共有しやすいのです。

6-3.子どもも肩こりになりますか?

子どもは、体も柔軟であり活発に動くことで運動量も多いため肩こりになりにくいものです。しかし、子どもであっても肩こりや肩の痛みで悩んでいるケースは多いでしょう。たとえば、受験などで長時間机に向かって勉強をする必要がある場合ですね。肩こりは、勉強の効率を下げるので子どもが肩の痛みや違和感を訴えたときは、休憩時間を与えて無理をしないように指導してください。

6-4.肩こりに悪い習慣にはどのようなものがありますか?

肩こりに悪い習慣のひとつとして、パソコンを長時間使用することが挙げられるでしょう。パソコンに向かっているとき、自然と猫背になってしまう人が多いはずです。猫背は、肩こりを引き起こす原因となるでしょう。また、長時間同じ姿勢を続ける点でも血行不良になります。パソコンを使用していて肩こりを感じたときは、適度に休んでください。休んでいる間に、ストレッチやツボ押しを行うのもおすすめですよ。

6-5.肩こりに悪い食べ物はありますか?

肩こりに悪い食べ物としては、血液をドロドロにしがちなものと考えると良いでしょう。血液がドロドロになることは、肩回りの血行不良の原因となるので注意してください。たとえば、糖質や脂質の多い食べ物ですね。具体的には、甘いお菓子や油っこいラーメンなどが代表的でしょう。ただし、糖質や脂質自体が悪いということではありません。糖質や脂質ばかりを食べることで、血液がドロドロになることがいけないという点を理解してください。

7.肩こり解消のためのお役立ち情報

肩こりを本気で解消したい人のために、お役立ち情報をお届けしましょう。皆さんと同じように肩こりに悩んだ人たちの、ブログや動画は参考になりますよ。

7-1.肩こり解消にかんするブログ5つ

肩こりに悩んでいた皆さんが、肩こりを解消するために行ったことや悩みなどを書いたブログは、共感するところも多いでしょう。それでは、肩こり解消にかんするブログを5つご紹介するのでご覧ください。

7-1-1.「肩こり解消-ためしてみよう肩こり編」

肩こり解消-ためしてみよう肩こり編」は、肩こりに関する情報が多く発見できる内容です。数多くの記事の中には、皆さんが気になっていることを見つけることができるでしょう。

7-1-2.「ストレッチボール 公式ブログ」

ストレッチボール 公式ブログ」では、肩こりを7分で解消できるストレッチを紹介しています。写真と画像を使った解説があるので、実際に行うときにもわかりやすいでしょう。

7-1-3.「COCOKARAブログ」

COCOKARAブログ」では、たった1分でできる肩こり解消ストレッチをわかりやすく紹介しています。道具も不要で、いつでも思い立ったときに実行できるストレッチならやる気も出るでしょう。

7-1-4.「役立つ情報ブログ」

役立つ情報ブログ」では、肩こり解消に効果のあるストレッチやツボなどを画像入りで丁寧に紹介しています。実際にツボの位置を画像で確認できるので、押し間違いの心配を無くすことができるでしょう。

7-1-5.「ケメ子のウェブログ」

ケメ子のウェブログ」では、肩こり解消に効果的な肩甲骨はがしについて解説しています。オリジナルイラストや画像が的確なので、とても参考になるでしょう。

7-2.肩こり解消に効果的な動画5本

肩こり解消法は、実際に人が動いている様子を参考にするとわかりやすいものです。ここでは、肩こり解消法を5本ご紹介しますから参考にしてください。

7-2-1.「0秒で効く肩こり体操がスゴいと話題」

0秒で効く肩こり体操がスゴいと話題」は、YouKuDouさんの動画。8分の動画の中で、肩こりに効果がある体操をじっくり紹介しています。実際に体操をしているところを参考にできるのでわかりやすさでも人気を集めているのでしょう。

7-2-2.「10秒で肩こり解消!のストレッチが凄いので紹介します!」

10秒で肩こり解消!のストレッチが凄いので紹介します!」は、レビュー!検証!のりごとー実験室さんの動画。軽快なおしゃべりをしながらの肩こり解消法紹介動画は、楽しい気分になること請け合いです。

7-2-3.「超簡単!タオル一枚 肩こり解消法 カイロプラクティックダイナ」

超簡単!タオル一枚 肩こり解消法 カイロプラクティックダイナ」は、hiroyuki mukaiさんの動画。たった32秒の時間ですが、タオルを使った肩こり解消法をわかりやすく説明しているのが好評を得ているポイントでしょう。

7-2-4.「ペットボトルで肩こり解消!僧帽筋トレ」

ペットボトルで肩こり解消!僧帽筋トレ」は、yoshiyoshi4976さんの動画。身近にあるペットボトルを利用した肩こり解消法は、気楽に実行できる方法としても参考になりますね。

7-2-5.「肩こり解消体操(約6分)」

肩こり解消体操(約6分)」は、TOIGAWAbroadcastさんの動画。6分間の動画では、肩こりを根本的に解消するために効果的な体操を一通り習うことができます。体操も、動画で見ることで理解度が上げることができるでしょう。

まとめ

さて、肩こりを解消する方法や治療についてあらゆる情報をご紹介してきましたがいかがでしょうか。皆さんの肩こりは、必ず治すことができます。まずは、自分がどんな原因で肩こりになっているのかをじっくりと突き止めましょう。原因がわからないようならば、早めに整骨院などに相談することをおすすめします。もちろん、セルフ解消法を実行することも効果があるでしょう。しかし、根本的に肩こりの悩みを解放したいのならばプロの力を借りて治すことが近道となりますよ。


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院