スポーツ障害って何? 主な原因や種類・改善・予防法などを徹底解析


スポーツを楽しんでいるときに、手首や足首をひねったり、転んだりとケガをすることがあるでしょう。スポーツによって起こる外傷の中に、スポーツ障害というものがあります。スポーツ障害は、くり返して起こる症状のことです。ほとんどの場合は、自分では気がつかないうちに症状がひどくなります。治療が長期化する恐れがあるため、症状を把握して早めに治療を始めなければなりません。そこで、本記事では、スポーツ障害の基礎知識や種類・改善法・予防法などについて詳しく説明します。

  1. スポーツ障害の基礎知識
  2. 主なスポーツ障害とは
  3. スポーツ障害の改善について
  4. スポーツ障害の予防法
  5. スポーツ障害にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、スポーツ障害の症状を知り、正しい治療を受けるための知識を身につけることができます。治療したい方はぜひチェックしてください。

1.スポーツ障害の基礎知識

スポーツ障害の治療を受ける前に、一体どのような障害なのか詳しく知ることが大切です。スポーツ障害の概要と主な原因について説明します。

1-1.概要

スポーツ(運動)をすることで起こる障害・外傷などの総称を、スポーツ障害といいます。別名・使いすぎ症候群とも呼ばれており、スポーツによってくり返し過度の負担の積み重なりで起こる症状です。痛みが慢性的に続くことが特徴で、症状が治まっても再発するケースがよく見られます。軽いものは運動中や運動後に痛みが伴うでしょう。しかし、重症化すると日常生活に支障をきたすようになるため、早めの正しい処置が大切です。

1-2.主な原因について

正しく処置をするためには、症状や原因をきちんと把握しておかなければなりません。スポーツ障害の原因は多岐にわたりますが、ほとんどはオーバーユース(使いすぎ)です。継続的にくり返されるスポーツ動作の中で、首や肘(ひじ)・腕・手首や足首などの部位の使いすぎで起こります。筋肉や神経に大きな負荷がかかるのです。野球肘・テニス肘・ジャンパー膝などが挙げられます。また、オーバーロードも原因の1つです。くり返し行う動作ではありませんが、ストレスが強くかかる運動でスポーツ障害が起こることもあります。

2.主なスポーツ障害とは

それでは、代表的なスポーツ障害について説明します。主に、挙げられるのは、疲労骨折・野球肘です。それぞれの特徴について詳しくチェックしておきましょう。

2-1.疲労骨折

スポーツ障害の代表といえば、疲労骨折です。疲労骨折は、名前の通り、疲労によって起こる骨折を指しています。通常の負荷では骨折を起こさない程度の力が、同じ部位に継続的に加わることで起こるのです。継続的に大きな負荷を受けた骨組織は、結合部分が破壊され、骨折してしまいます。また、疲労骨折はジャンプや疾走によるものが非常に多いのです。たとえば、脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)・大腿骨(だいたいこつ)・骨盤・中足骨(ちゅうそくこつ)などが折れます。

2-2.野球肘

代表的なスポーツ障害として、もう1つ挙げられるのが野球肘です。野球肘は、野球の投球往査を積み重ねることで起こる肘の痛みとなります。一般的に、野球肘と呼ばれていますが、傷害の部位によって呼び名がかわることが特徴です。野球の投手によく見られる障害でもあり、肘を動かすだけで激しい痛みが起きます。放置すると、日常生活でも痛むことが増え、肘が曲がらない・伸ばせないなどの運動障害が出てくるのです。

2-3.そのほか各部位の障害について

各部位で起こる障害によって、スポーツ障害の種類が異なります。それぞれ部位の障害を以下にまとめてみました。

  • 頭・脳の障害:脳挫傷・パンチドランカー
  • 首の障害:外傷性頸部症候群・バーナー症候群
  • 肩の障害:野球肘・SLAP損傷・テニス肩・ゴルフ肩・バトミントン肩
  • 上腕の障害:上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)
  • 肘の障害:野球肘・ゴルフ肘・岩登り肘・バトミントン肘
  • 前腕の障害:コーレス骨折・ボウリング腕
  • 腰の障害:椎間板ヘルニア・卓球腰・腰椎分離症
  • 膝の障害:ランナー膝・ジャンパー膝・関節軟骨損傷
  • 足の障害:フットボール足・スケート足・足底筋膜炎・捻挫・モートン病

3.スポーツ障害の改善について

早期の治療が大切だといわれているスポーツ障害は、一体どのように改善すればいいのでしょうか。治療を受ける場所・病院の選び方・治療法と流れ・注意点について詳しく説明します。

3-1.症状をやわらげる場所

接骨院・整骨院・整体院で施術を受けます。接骨院・整骨院は柔道整復師と呼ばれる資格者が施術を行い、急性・亜急性の力によって発生したケガに対応可能です。たとえば、ぎっくり腰・首や腰の痛みにアプローチを加えることができます。一方、整体院は脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢などの関節に対する施術を行う場所です。関節・骨格筋のゆがみやズレが解消できるため、不調や不具合が改善できます。「かわもり整体」は、開院から13年で7万人ほどの施術を行ってきました。症状に合わせた施術を行っているのでぜひチェックしてみてください。

3-2.病院の選び方

どの病院に行けばいいのか悩んだ際は、一般病院で診察を受けてください。検査を受けてから、整骨院・接骨院や整体院に通う方もいます。病院を選ぶ際は、急性のケガ・スポーツ障害に対応しているところを選びましょう。また、テーピング指導や痛まないための工夫など、適切なアドバイスを行っているところかどうかも要チェックです。きちんと指導してくれる病院や整骨院・整体院は、安心して施術を受けることができます。

3-3.治療方法・流れについて

スポーツ障害が軽症の場合は、激しいスポーツをせずに、体を休ませるだけのこともあります。運動する際に、正しい方法で部位を動かしているのか、見直しが必要です。トレーニング方法・フォーム・施設環境・練習時間の見直しを行いながら、練習プログラムを立てなければなりません。また、筋肉や関節のゆがみを直すために、整体院で施術を受けるなどの治療を行います。炎症や痛みがひどい場合は、重症と判断され、手術を行うこともあるのです。まずは、症状や部位の状態がどのようになっているのか、メディカルチェックを受けましょう。

3-4.注意点

「一時的な症状だから問題ない」と、放置する方が結構います。しかし、スポーツ障害を放置していると、少しずつ症状が悪化して手遅れになりがちです。治療が遅れた結果、動かすことができなくなる可能性もあります。「運動中、いつもとは違う痛みがある」「痛みが悪化している」と感じる場合は、すぐに整形外科などを受診しましょう。その際は、運動中にどのような動きをしているのか、できるだけ詳しく伝えることが大切です。

4.スポーツ障害の予防法

スポーツ障害の原因は使いすぎと過度な負担が挙げられます。そのため、日ごろの行いを見直し、未然に防ぐことが可能です。そこで、予防法や運動を続けてもいい場合と悪い場合、サポーター・テーピングの利用などについて詳しく説明します。

4-1.予防法とは

ケガをしない体づくりは、自分自身で行うことができます。スポーツ障害で悩まないためにも、自分でできる予防法をチェックしておきましょう。

4-1-1.ウォームアップとクールダウン

最も重要といわれているのが、ウォームアップとクールダウンです。あなたは、運動前にきちんと準備運動をしているでしょうか。ウォームアップをきちんと行うことで、筋肉が温まり、関節などの受難性も高まります。運動前に体をある程度動かしておけば、ケガをしにくくなるのです。さらに、ウォーミングアップは、運動時の身体能力も高まるというメリットがあります。また、ウォーミングアップと同じく重要視されているのが、クールダウンです。運動後は体が温まり、疲れが残っています。体に残る疲労や負荷はスポーツ障害の原因です。クールダウンを行うことで、疲労物質が拡散でき、運動の疲れや疲労が軽減します。

4-1-2.適度な練習

体に無理を感じるほどの練習は、スポーツ障害の引き金になります。適度な練習量こそ、健康な体を維持し続けることができるポイントです。体や精神に負荷のかかる練習は控えてください。よくありがちなのが、体力に見合っていない運動を始める初心者です。運動不足を解消しようと、スポーツを始める方は多いのですが、体力や筋肉・関節の可動域に合った運動から始めなければなりません。最初から激しい運動をしてしまうと、体が悲鳴をあげてしまいます。運動に慣れてきたら、少しずつ練習量を増やしていきましょう。

4-1-3.痛みのサイン

早期治療を受けるためには、体に表れるサインを見逃さずに把握することが大切です。小さなサインとなりますが、きちんと知識を身につけておけばわかります。基本的に、痛みを感じたら病院を受診するのが1番です。気づかないうちに症状がすすんでいるケースが多いため、運動中の違和感や痛みを感じたら注意しておきましょう。たとえば、野球をしている方で多いのが肘の障害です。「以前は痛みを感じなかったのに、ボールを投げるたびに肘が痛くなる」など、いつもと違うサインが表れ始めたら、スポーツ障害が起きている可能性があります。

4-2.運動を続けてもいい場合・悪い場合

激しい痛みや違和感を覚えるときは、すぐに運動をやめてください。特に、激しい痛みが続いている場合は要注意です。炎症が悪化している恐れがあるため、運動をやめてすぐに病院へ行きましょう。久しぶりにスポーツをした後は、筋肉痛が起きます。筋肉痛は筋肉を動かしている証拠となるため、休憩すれば自然と治まるでしょう。筋肉痛が現れたときは冷やしてください。冷やして痛みが治まれば、運動を再開しましょう。

4-3.サポーター・テーピングの利用について

サポーター・テーピングは、ケガの予防や関節の安定・ケガをした後の保護など、さまざまな役割を担っています。ただし、自分の体格やサイズに合ったサポーターを装着しなければなりません。テーピングも正しい巻き方があるため、自己流の巻き方だと効果が現れず、逆に悪化してしまいます。サポーター・テーピングの使い方によって効果が異なることを、きちんと覚えておきましょう。

4-4.そのほか注意点

スポーツ障害は、猫背などの悪い姿勢や間違ったフォームによって起こることもあります。筋肉や骨に過剰な力が加わり、ケガがしやすくなるのです。自分のフォームが合っているかどうか、日ごろ姿勢がきちんとまっすぐになっているかどうか、見直してみてください。

5.スポーツ障害にかんしてよくある質問

スポーツ障害にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

5-1.スポーツ外傷との違いは?

スポーツ障害は、スポーツ外傷と間違えられることが多いのです。この2つはまったく違うものであり、スポーツ外傷は1回の衝撃で起こるものを指しています。たとえば、足首の捻挫・肩の脱臼・骨折・大腿(だいたい)の肉離れなどです。ほとんどは、保存的治療で時間の経過とともに軽減できます。

5-2.スポーツ障害の診断方法とは?

どの部位に症状が出ているのか、継続的に行っている運動内容や量などで判断します。また、レントゲン撮影をして、骨や関節に異常がないかどうかも調べるでしょう。スポーツ障害はさまざまな種類があるため、きちんと原因を把握しておかなければなりません。

5-3.クールダウンのやり方とは?

クールダウンの目的は、体を安静にしつつ火照った筋肉を鎮めることです。筋肉を保冷剤などで冷やす方法もありますが、運動を伴うクールダウンをおすすめします。たとえば、ストレッチやウォーキングなど、ゆっくり運動しながら火照った体を冷やしていきましょう。

5-4.スポーツ障害はどの世代に多く見られるのか?

スポーツ障害は、筋力が低下している中高年や筋肉が成長期に入る中高生に多く見られます。中高生は成人よりも骨や関節の構造が弱く、何度も圧迫されると障害が起きやすいのです。成長期に起こる関節痛は、骨・関節が成長しているあかしといえます。

5-5.食生活で気をつけるべきこととは?

筋肉の回復を促すたんぱく質を適度に摂取してください。食生活の乱れ・栄養の偏りは、スポーツ障害の引き金となります。未然に防ぐためにも、たんぱく質が多く含まれている納豆・牛乳・ツナ・鶏むね肉・かつおなどの食品を口にしましょう。

まとめ

いかがでしたか? スポーツ障害は、体を酷使することで発生するケガです。筋肉・骨・関節などにくり返し力が加わり続けることで、野球肘・疲労骨折などが起きてしまいます。運動中に違和感を覚える・激しい痛みを感じる・痛みが長く続く場合は、すぐに病院で検査してもらいましょう。いつもとは違う痛みが出てきたら、スポーツ障害の可能性があります。治療が遅くなるほど、改善するまでに時間がかかるのです。また、スポーツ障害を引き起こさないためにも、日ごろの生活やスポーツ時の様子を振り返り、悪い点を改善していきましょう。自分の心がけしだいで、スポーツ障害が予防できます。きちんと知識を身につけておけば、スポーツ障害に悩まされることなく、楽しく運動を続けることができるのです。


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院