ランナー膝の症状に悩む人必見! 痛みを整体で改善しよう!


ランナー膝の症状にお悩みではありませんか? ランナー膝とは膝の痛みを引き起こす障害の一つで、多くのランナーがその症状に悩まされているのです。近年は健康に対する意識が高まっていることもあり、ランニングをする人が急増しています。その分、ランナー膝に悩む人も多いでしょう。ランナー膝が悪化すると、日常生活でも痛みを感じることが多くなるため、注意が必要です。この記事では、ランナー膝の原因や主な症状・予防法などをまとめてご紹介します。

  1. ランナー膝とは?
  2. ランナー膝の原因
  3. ランナー膝の症状
  4. ランナー膝の対策・予防法
  5. 整体とランナー膝について
  6. ランナー膝に関するよくある質問

この記事を読むことで、ランナー膝に関する悩みが解決するはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ランナー膝とは?

まずは、ランナー膝について解説しましょう。

1-1.どんなものか?

ランニングが原因で起こる膝周辺のスポーツ障害のことを総称して「ランナー膝」と呼びます。簡単に言うと、太ももの外側に位置している「腸脛(ちょうけい)じん帯」が炎症を起こしている状態であり、スポーツ中やスポーツ後などに、膝周辺が痛むのが特徴です。また、ランナー膝は、ランニングをする人だけに起こる障害ではありません。自転車や水泳・バスケットボールなどの競技でも起こることがあるのです。

1-2.メカニズム

ランニング中やランニング後などに、太ももの外側に張りを感じる人は多いと思います。張っているのは「腸脛(ちょうけい)じん帯」であり、このじん帯と膝外側にある骨のふくらみとの間に摩擦が起こることが、膝が痛む原因です。痛みのもとが骨であると勘違いされることも多いですが、実は痛んでいる部分はじん帯だということを覚えておきましょう。

1-3.なりやすい人の特徴

ランナー膝は、特に以下のような人に起こりやすいといわれています。

  • 足の外側で体重を受けるクセがある
  • 膝関節が変形している
  • かかとの外側がすり減ったシューズを履いている
  • 走るときのフォームが乱れがち
  • ウォームアップが不足している
  • 長時間のランニングをしている

2.ランナー膝の原因

では、ランナー膝の原因について一つ一つ見ていきましょう。

2-1.フォームが悪い

「走るときの歩幅が大きすぎる」「極端な内股や外股で走っている」というように、ランニング中のフォームが悪いとランナー膝の原因になります。このようなフォームで走っていると、着地時に大きな衝撃が膝にかかったり、膝の動きがねじれてしまったりするのです。膝に余計な負担がかかることでランナー膝を引き起こします。

2-2.しっかり準備運動をしていない

走る前の準備運動には、筋肉や関節を柔らかくする目的があります。しっかりと準備運動しておくことで、スポーツ中のケガを予防することにもつながるでしょう。しかし、準備運動を怠ると、筋肉や関節がスムーズに動かなくなり、膝にかかる負担が大きくなってしまいます。

2-3.ランニングシューズが合っていない

自分の足に合わないランニングシューズを使用していると、足元が不安定になって無駄な力が入ってしまいます。その結果、膝に大きな負担がかかるようになるのです。そして、ランナー膝を発症しやすくなります。

2-4.筋力不足・筋肉疲労

筋力が衰えていたり疲労したりしている状態だと膝の痛みが起こりやすくなります。関節は使わないでいると徐々に硬くなり、周囲の組織に痛みが生じるようになるのです。そのままの状態でスポーツをすると、高い確率でランナー膝を引き起こしてしまいます。

3.ランナー膝の症状

ランナー膝の症状について詳しくまとめました。

3-1.どこが痛むのか?

ランナー膝による痛みは、主に膝関節の内側に出ることが多くなっています。最初のうちはランニング後に膝の外側が軽く痛む程度でしょう。しかし、進行すると膝の内側が痛むようになり、曲げ伸ばしが困難になります。

3-2.どんな痛みなのか?

最初のうちは、違和感がある程度でしょう。次第に、下り坂を走ると痛みが増すようになり、階段の昇降時に激しい痛みを感じるようになるはずです。また、「休むとある程度痛みが引く」「膝を動かすと音が鳴る」という症状も、ランナー膝の特徴に当てはまります。

3-3.併発する症状とは?

ランナー膝と併発して起こりやすいのは、半月板損傷です。半月板は膝の動きをスムーズにする役割や、関節を衝撃から守る役割を果たしています。この半月板に亀裂が入ったり断裂したりするのが半月板損傷です。ランナー膝と同じようにランニング中にも起こることがあり、慢性化すると関節内に水や血がたまって腫れるようになります。半月板は加齢とともにもろくなり損傷しやすくなるため、十分注意しましょう。

3-4.放っておくとどうなるのか?

ランナー膝の初期症状は違和感や軽い痛みです。ランニングをやめると痛みが治まるケースが多いため、ついそのまま放置してしまう人も多いでしょう。しかし、痛みの原因を明らかにして適切な対処をせずにいると、何度も痛みを繰り返すようになります。日常生活で歩いたり階段の上り下りをしたりするだけで激しい痛みが出るようになるため、しっかりと改善のための処置をして、今後の予防に努めることが大切です。

4.ランナー膝の対策・予防策

ランナー膝になってしまったときの対策や、予防方法をまとめました。

4-1.病院へ行くべき症状

安静にしていても痛みが改善されない時や、日常生活に支障が出るような痛みが続く時は、病院を受診しましょう。できれば、スポーツドクターがいる整形外科を受診してください。
整形外科では、膝を90度に曲げた状態でじん帯の部分を抑えながら膝を伸ばしていき、痛みが走るかどうか検査する方法が一般的です。テーピングや湿布・痛み止めの薬が処方されると同時に、日常生活における注意点などをアドバイスしてもらえます。

4-2.痛みを和らげる方法

「病院に行くほどの痛みではない」「もう少し様子を見たい」という人は、自宅にいながら痛みを和らげる方法を実践してみましょう。できるだけ膝を動かさないように固定し、安静にして過ごすことを心がけてください。痛みが強い場合は、市販の鎮痛剤を使用するのも一つの方法です。あとは、アイシングをすることで痛みが和らぐこともあるため、ぜひ試してみてください。

4-3.予防方法

普段からランニングなどのスポーツをする人は、ランナー膝を予防するためのポイントを知っておきましょう。

  • 膝周辺の筋力をアップするためにストレッチを習慣化する
  • スポーツ前のウォーミングアップを徹底する
  • インソールを使用して走るときの衝撃を抑える
  • 走るときのフォームを改善する

4-4.やってはいけないこと

ランナー膝を起こしているときにランニングを継続するのは危険です。ランニングの動作によって痛みが出ているため、続けることで症状が悪化してしまいます。まずは安静にして、痛みが改善するのを待ちましょう。筋力アップのためにストレッチを行うのも、痛みが和らいでからにしてください。

5.整体とランナー膝について

ランナー膝の症状を改善するために整体に行くのもおすすめです。整体ならではのメリットや費用などについてご紹介しましょう。

5-1.整体と膝の痛みについて

膝の痛みで整形外科に行くべきか整体に行くべきか迷う人は多いでしょう。膝の痛みは、体のゆがみや筋肉のアンバランスを解消することで驚くほど和らぎます。病院で処方された塗り薬や痛み止めを使用しても、痛みが改善されない場合は、ぜひ整体に行ってみてください。

5-2.改善の考え方

主に骨の状態に注目する整形外科と違い、整体では「膝周りの筋肉が緊張することで痛みが出ている」と考えます。そして、硬くなった筋肉の緊張を緩めることで体を「自然に改善される状態」にするのが目的です。膝の痛みだけでなく全身を見た上で施術を行うため、筋肉のバランスが整って、姿勢や歩き方なども自然と改善します。その点が、整体ならではのメリットといえるでしょう。

5-3.どんな施術をするのか?

かわもり整体」では、岩盤浴と酸素バーで体をほぐして血行をよくしてから、筋肉を緩めるための施術を行います。もちろん事前に体の症状についてカウンセリングを行いますので、安心してご利用ください。

5-4.整体院の選び方

整体院は全国に複数あります。「どの整体院を選んだらよいのか分からない」という人のために、整体院選びのポイントをご紹介しましょう。

  • 豊富な実績があるか
  • ホームページの内容が充実しているか
  • 通いやすい場所にあるか
  • 事前に施術に関する十分な説明をしてくれるか
  • 院内が清潔であるか
  • 質問に対してしっかり答えてくれるか

上記のような整体院であれば、安心して自分の体を任せることができるでしょう。

5-5.費用、通院頻度

施術にかかる費用や通院頻度についても、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。通院頻度については、症状の程度によって変わってくるでしょう。どのくらいの間隔でいつごろまで通う必要があるのか、大まかにでもよいので把握しておいてください。費用についても、整体院によって異なります。「かわもり整体」の場合は、20分の施術が3,500円です。料金設定が分かりやすいため、安心だと思います。

5-6.注意点

自己判断で通院を途中でやめるようなことはしないでください。痛みが治まったように感じていても、走るとまた痛み出す可能性は十分にあります。再発防止のためにも、整体師の指示に従って最後まで通うようにしましょう。

6.ランナー膝に関するよくある質問

「ランナー膝について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

6-1.ランニングで膝が痛くなったときのアイシングはどのように行えばよいですか?

A.簡単な方法だと、ビニール袋に氷と水を入れ、袋の空気を抜いてから患部に当てましょう。袋の空気を抜くことで、氷水と患部がしっかりと密着します。15~20分程度を目安に冷やしましょう。

6-2.膝の痛みで病院に行く場合の注意点はありますか?

A.どんな場面でどのように痛くなったのかをしっかりとまとめて、問診の準備をしておきましょう。間違った情報を伝えると、診断も変わってきてしまいます。

6-3.O脚だとランナー膝になりやすいのですか?

A.O脚だと膝が外側を向き、腸脛(ちょうけい)じん帯と大腿骨(だいたいこつ)がこすれやすくなります。その際に摩擦が生じ、炎症を起こしやすくなるのです。

6-4.ランナー膝を予防するためにはどのような走り方をすればよいですか?

A.足の着地時に足を外に開かず、平行に着地することを意識しましょう。体の真下に足を着地させるフォームが理想的です。

6-5.ランナー膝が慢性化することもありますか?

A.ランナー膝は適切な処置をしないと慢性化する可能性があります。慢性化すると改善するまでに時間がかかるようになるため、早めに対処するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? スポーツをする人に多いと言われているランナー膝について、原因や症状・対処法・予防法などをまとめてご紹介しました。ランナー膝は、悪化すると日常生活にも支障をきたす障害です。早めに対処するためにも、まずは自分の症状がランナー膝によるものかどうかを明確にしましょう。ぜひこの記事を参考にして、ベストな対処法を考えてみてください。


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院