必見! ストレッチの驚くべき効果! 柔軟性を高めるだけじゃない!!


ストレッチとは、筋肉に適度な刺激を与えて伸ばす運動全般を指します。筋肉をほぐし可動範囲を広げることで柔軟性を高めるほか、関節の可動域を広げる、精神的な緊張を解くなどの効果が期待できる運動です。これ以外にもストレッチを定期的に行えば、さまざまなメリットがあります。

そこで、今回はストレッチの効果について解説しましょう。

  1. ストレッチの基礎知識
  2. ストレッチの方法について
  3. ストレッチに関するよくある質問

この記事を読めば、筋肉のこりやこわばりをほぐす方法もよく分かりますよ。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ストレッチの基礎知識

はじめに、ストレッチとはどのような運動かということを解説します。走ったり歩いたりする運動と何が違うのでしょうか?

1-1.ストレッチの定義

前述のとおり、ストレッチは筋肉を伸ばしてほぐし、柔軟性を高め、関節の可動域を広げる運動のことです。いろいろな運動がありますが、私たちがよく知っているものとしてはラジオ体操が挙げられます。ラジオ体操第1を行えば、体中の筋肉が程よくほぐれるのが実感できるでしょう。

1-2.ストレッチの効果

ストレッチを行うと、筋肉がほぐれて柔軟性が高まります。筋肉が硬直していると動きにくいだけでなく、血行が悪くなって肩こりなどの原因となるでしょう。また、こり固まった筋肉で走ったり歩いたりすれば、ケガをしやすくなります。ですから、運動前に準備運動としてストレッチを行い、筋肉をほぐしておくのです。また、ストレッチを運動後に行うと、筋肉の中にたまった疲労物質を血流と共に押し流す効果が期待できます。

1-3.ストレス解消やリラックスにも効果がある

精神的に緊張をしていると、筋肉も強張って血行が悪くなります。そこで、ストレッチをすると筋肉がほぐれると共に血行が促進され、緊張緩和の効果があるのです。アスリートが競技前に入念なストレッチを行うのは、緊張をほぐす効果を狙ってのこともあります。
また、肩こりなどがひどく、不安で眠れないというときも、ストレッチを行うと解消することがあるでしょう。さらに、お腹周りの筋肉を適度に刺激するストレッチには、便秘解消効果もあります。

1-4.ストレッチの種類

ストレッチは1つの動作に約20秒の時間をかけ、ゆっくりと筋肉を伸ばしていく静的ストレッチと体を動かして、筋肉を伸ばしていくダイナミックストレッチがあります。ダイナミックストレッチの中には、反動をつけて筋肉を伸ばすバリスティックストレッチという種類ががあり、ラジオ体操は、バリスティックストレッチの一種です。静的ストレッチは、リハビリや運動後のクールダウンに推奨されており、ダイナミックストレッチは準備運動に向いています。また、バリスティックストレッチは反動をつけすぎると筋肉が損傷する恐れがあるので、高齢者やケガをしている人は注意が必要です。

2.ストレッチの方法について

この項では、ストレッチのやり方や注意点、効果を実感するためのコツなどを解説します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.ストレッチはいつ行うのが効果的?

ストレッチは運動前と運動後に行うのが効果的です。また、日常生活の中で行う場合は、お風呂上りなど体がよく温まっているときに行いましょう。体が冷えている時に反動をつけたストレッチを行うと、体を痛める恐れがあります。寒い日に運動前のストレッチを行う場合は特に入念にダイナミックストレッチを行い、体温を上げましょう。

2-2.ストレッチのやり方

ストレッチには、立って行うもの・寝て行うもの・座って行うものなどさまざまな種類があります。たとえば、肩こりを解消する目的でストレッチを行うならば、肩甲骨や首周囲の筋肉を動かすストレッチを行いましょう。これからウォーキングやジョギングをするという場合は、ふくらはぎや太ももの筋肉を動かすストレッチをしてください。膝の屈伸運動や、片方の足を真横へ伸ばし、もう片方の膝を曲げる運動など、おなじみの準備運動も立派なストレッチです。
体全体をほぐしたいという場合は、ラジオ体操第1を行ってみましょう。3分で全身の筋肉が程よくほぐれます。

2-3.ストレッチの効果を実感するためには?

ストレッチは、1度やっただけでは効果がありません。毎日体が温まっているときに1か月は続けてみましょう。そうすれば、肩こり・首のこり・便秘などが解消されることもあります。また、運動する前も同様に必ず準備運動としてダイナミックストレッチを行いましょう。筋肉は負荷を与えるだけでなく、適度にリラックスさせても発達します。
肩こりや腰痛を取りたい場合は、お風呂上りにゆっくりと筋肉を伸ばす静的なストレッチを行いましょう。このとき、お腹から呼吸をするように心がけると、リラックス効果も期待できます。職場の休憩時間にも、緩やかな動きで筋肉を伸ばす静的ストレッチはおすすめです。

2-4.注意点

筋肉の柔軟性は人によって異なります。たとえば、アスリートやバレリーナは体が柔らかいく、関節の可動域が広いものです。しかし、一般人が同じことをしようとしても無理でしょう。最終的な目標に定めてもいいですが、自分ができる範囲で体を動かしましょう。また、捻挫など筋肉を痛めているときには、無理をしてはいけません。

3.ストレッチに関するよくある質問

Q.ストレッチは高齢者でも行えますか?
A.はい。筋肉や関節に問題がなければ行えます。ケガ予防のために、いすに座って行うストレッチや座ってできるストレッチから行いましょう。痛みが出たらストレッチを中止し、安静にして様子を見てください。痛みが引かない場合は整形外科を受診しましょう。

Q.ストレッチは、1回に何分くらい行えばよいでしょうか?
A.3~10分を目安にしてください。運動前は念入りに行いましょう。ただし、痛みが出るまで筋肉を伸ばしてはいけません。負荷をかけすぎるのも厳禁です。

Q.お風呂の中でストレッチをしても大丈夫でしょうか?
A.はい。ただし、湯船の中は滑るのでおすすめできません。可能ならば湯上りに行ったほうが安全です。

Q.器具を使ったストレッチなどはありますか?
A.はい。タオルを両手で持って肩幅くらいに広げ、体を左右に傾けるといったストレッチがあります。また、ストレッチポールやボールを使うストレッチもあり、腰痛・肩こりの解消・バランス感覚を鍛えるなどの効果がありますので、試してみてもよいでしょう。

Q.ストレッチにダイエット効果はありますか?
A.ストレッチは体の柔軟性を高めて筋肉をほぐし血行をよくするので、それほど消費カロリーは多くありません。しかし、便秘解消や安眠効果は期待できるので、ダイエットの手助けにはなります。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回はストレッチの効果について解説しました。運動が苦手な人でも、ストレッチは簡単に行うことができます。また、特に器具を使わなくても行えるので、ちょっとしたスペースがあればどこでも行えるでしょう。ぜひ、日常生活にも取り入れてみてください。


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院