肩こりによる不眠でお悩みの方へ! 自律神経を整えて快眠しよう!


肩こりがある人は、不眠で悩むことが多くなります。肩こりだけでもつらいのに、さらに不眠となればさらに大変です。しかし、肩こりを解消してぐっすり眠るためにどんな方法を行えばいいのかよくわからない人もいることでしょう。間違ったやり方でますますひどくなっては本末転倒です。そこで、今回は、肩こりによる不眠について詳しく解説します。

  1. 肩こりと不眠の関係について
  2. 肩こりによる不眠の解消法とは
  3. 整体院による肩こり解消法
  4. 肩こりと不眠に関するよくある質問

この記事を読むことで、肩こりと不眠の関係が理解でき、適切な改善方法が分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.肩こりと不眠の関係について

最初に、肩こりと不眠の関係の基本を学びましょう。

1-1.肩こりで不眠になる?

一見して、肩こりと不眠には関係がないように見えることでしょう。しかし、肩こりによる血行不良や筋肉のこりがあると、安眠できません。そのため、肩こりで悩んでいる人は同時に不眠に悩む確率が高くなるのです。十分な睡眠ができない状態が長く続くと、心身に大きなダメージを与えるので、早期改善を心がけてください。

1-2.肩こりによる不眠はなぜ起こる? 原因やメカニズムは?

良質の睡眠は、心身ともにリラックスしているときに訪れます。肩こりは、体が常に緊張しているのと同様の状態です。肩こりが慢性化しているのでは、安眠できません。肩こりで不眠になりやすいのは、当然の理由があるのです。

1-3.肩こりによる不眠になりやすい人とは

以下の人は、肩こりによる不眠になりやすいので注意しましょう。

  • 同じ姿勢で長時間過ごすことが多い(デスクワークなど)
  • 緊張しやすい
  • 無意識に体に力を入れるくせがある
  • 姿勢が悪い
  • パソコンやスマホの操作を長時間行う
  • 重いものを持つことが多い
  • 育児中の女性

1-4.肩こりの不眠に関係する病気

肩こりと不眠を併発している場合、自律神経失調症が隠れている場合があります。自律神経が乱れることで、体が緊張し続け、肩こりや不眠となって現れるのです。肩こりや不眠の解消法をいろいろと行っても改善しないときは、自律神経失調症を疑いましょう。

2.肩こりによる不眠の解消法とは

肩こりによる不眠の解消法について、詳しく解説します。NG行為も併せて参考にしてください。

2-1.肩こりを治せば不眠も解消する

肩こりを解消すれば不眠も改善できます。主な方法を以下に解説しましょう。

2-1-1.ストレッチをする

肩こりを感じたときには、ストレッチをして肩周辺の筋肉をほぐしましょう。肩をゆっくりと回したり上げ下げしたりすることで、肩の緊張がほぐれて楽になります。ストレッチは入浴の後に行うとより効果的です。

2-1-2.ツボを押してみる

肩こりに効果のあるツボを押してみましょう。押すときはゆっくりと息をはきながら行い、気持ちいいと感じる程度の強さにしてください。以下は、肩こりに効果があるツボです。時間があるときにこまめに押すといいでしょう。

  • 天柱(てんちゅう):後頭部の下、首の太い筋の外側にあるツボ
  • 百会(ひゃくえ):頭の一番上で、ややへこみを感じる部分にあるツボ
  • 肩井(けんせい):肩先と首を結んだ線の中間に位置するツボ

2-1-3.規則正しい生活を送る

肩こりは、不規則な生活が原因のこと、肩こり解消も期待できるでしょう。また、生活リズムが整い、不眠の解消にも効果的です。

2-1-4.ゆっくりと入浴する

ゆっくりと入浴すると、全身が温まり血行を促進し、疲労物質の排出に役立ちます。また、入浴後は神経が落ち着いて安眠しやすくなるのもメリットです。普段、シャワーだけで済ませている人は、きちんとお湯につかってみてください。

2-1-5.正しい姿勢を心がける

姿勢を正すことで、骨格のゆがみを改善し、肩こりも解消につながります。姿勢が悪いかどうか、親しい人に頼んで率直な意見を聞いてみてください。本人の自覚がなくても、左肩が下がっている・首が前傾しているなど、ほかの人から見れば明らかにゆがんでいることがあります。背筋を自然に伸ばし、正しい姿勢を心がけると、肩こりが軽くなるだけでなく、不眠解消も期待できるのでぜひやってみてください。

2-2.よく眠れる体づくりについて

よく眠れる体づくりのためには、以下のことに気をつけてください。

  • 生活リズムを規則正しく整える
  • 睡眠前に入浴をして体を温める
  • 昼間に適度な運動を心がける
  • 昼寝をしすぎない
  • 夕食は寝る2時間前には済ませ、消化不良を避ける
  • 夜寝る前のパソコンやスマホの使用はやめる
  • ストレスをためないようにする
  • 体に合った寝具やパジャマを用意し快眠しやすくする

2-3.肩こりによる不眠の解消法でNG行為となること

知識のない人が肩をもんでしまうと、余計に肩こりがひどくなることがあるので注意してください。肩こりがひどくなれば不眠も悪化します。セルフケアも間違った方法で行えば逆効果となり、悩みが深まるばかりです。また、肩こりがあるときは冷やしてはいけません。肩を冷やすことで血行が悪くなり、不眠が解消できないだけでなく、体調が悪することがあります。

3.整体院による肩こり解消法

整体院による肩こり解消法について、整体院の選び方・施術方法・料金・注意点など詳しく解説します。

3-1.整体とは?

整体とは、体の不調は骨格や筋肉のゆがみが原因であると考え、正しい位置に戻すことで症状の軽減を図るものです。整体の主なメリットについては、以下を参考にしてください。

  • 骨格の悩みを相談できる
  • 姿勢がよくなる
  • 内臓の調子を整え便秘解消につながる
  • 新陳代謝の活発化によるダイエット効果を期待できる
  • 血液やリンパの流れを促す

3-2.整体院での施術方法について

整体院では、以下のような方法で施術を進めていきます。

  • 施術前のカウンセリングを行う
  • 施術効果を上げるために温浴や赤外線療法を行う
  • 施術台にて手技で骨格のゆがみを補正する

なお、整体院によって施術の流れが異なるので事前に確認しておきましょう。

3-3.整体院の選び方

肩こりによる頭痛を解消するためには、以下のポイントにそって選んでください。

  • 整体の腕のよさで評判
  • 料金がリーズナブルで明確な提示がある
  • 利用者の評判がいい
  • スタッフの感じがよく対応が丁寧
  • 利用者のプライバシーへの配慮が行き届いている
  • 通いやすい立地にある
  • 設備や備品が清潔に整えられている
  • 予約が取りやすい

なお、当かわもり整体でも、体のゆがみを取ることで肩こりによる不眠をやわらげています。まずは、お気軽にご相談ください。

3-4.整体院の料金

整体院の料金は、施術方法や時間によって異なります。以下は、目安として参考にしてください。

  • 肩こり改善のための整体1回20分:3,500円~

なお、整体は1回受けただけではすぐに元どおりになってしまうものです。骨格のゆがみを整えるためには、少なくとも1か月に2~3回程度のペースで数か月は通うことをおすすめします。

3-5.整体院による肩こり解消法の注意点

整体院は、医療機関ではないため、治療薬の処方を受けることはできません。効果の感じ方にもバラつきがあり、即効性が期待できない人もいます。しかし、時間をかけて施術を繰り返すことで正しい骨格に導き、肩こりや不眠を軽減するです。ただし、乱暴な施術や不快な対応をする整体院に通い続ける必要はありません。施術が合わないと感じたときは、ほかの整体院に替えましょう。

4.肩こりと不眠に関するよくある質問

最後に、肩こりと不眠に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、早期解消に役立ててください。

Q.整体は痛くないか心配なのですが?
A.人によっては、痛いと感じることもあるでしょう。特に、体が硬い人やこりがひどい場合は強い痛みを感じやすいものです。しかし、全身がほぐれるにつれて痛みが消えて快適さを感じることでしょう。なお、我慢できないほどの痛みがあるときは、何らかの病気が隠れている可能性もあるので、病院での受診をおすすめします。

Q.施術の後に肩こりがひどくなった気がするのですが?
A.整体の受けはじめには、一時的に肩こりがひどくなったと感じることがあります。体が整体に慣れていないために起こるものなので、様子を見てください。通常、数日たつと軽くなります。数日たっても改善しない場合は、整体院に相談しましょう。

Q.健康保険を使うことはできますか?
A.整体院は、病院ではありません。また、病気の治療ではないため、健康保険を使うことはできないので注意してください。しかし、初めての通院は初回キャンペーンなどで安くなることが多くあります。当かわもり整体でも初回2,000円割り引きを行っていますので、ぜひご利用ください。

Q.妊婦でも肩こり改善目的で整体を受けられますか?
A.妊娠中の整体はおすすめできません。胎児に直接影響があるわけではないものの、万が一の場合を考えて避けたほうが賢明です。肩こりがひどい場合は、かかりつけ医に相談し、指示を仰いでください。なお、妊娠中であることを申告せずに整体を受けるのは、やめましょう。

Q.肩こりが解消できても不眠のままになる原因は?
A.不眠の原因が、肩こり以外にある可能性があります。体のゆがみは解消できても、ストレスなどを抱えていると不眠のままになりやすいものです。また、肩こりがなくなったことをいいことに夜遅くまでパソコンやスマホを使用すると神経が高ぶり、不眠の原因になるので注意しましょう。

まとめ

今回は、肩こりと不眠について詳しく解説しました。肩こりも不眠も、できるだけ早く解消するためには、日常生活に気を配るだけでなく、整体で体のゆがみをケアことをおすすめします。正しい骨格に導くことで、自律神経も整い、肩こりや不眠の解消につながることでしょう。整体は、何回か通い続けることが大切です。腕がいいことで評判の整体院を選び、施術を受けてみてください。


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院