夏風邪に食欲不振。夏の体調不良は内臓の冷えが原因だった!


今年もまた暑い夏がやってきました。
冷蔵庫にはビールや麦茶、冷凍庫にはアイスを詰め込んで準備はバッチリ、という方もいるでしょう。
しかし、冷たいものばかり食べすぎると内臓が冷えてしまい、体調不良の原因になるのです。
毎年夏風邪や胃腸の不調に悩まされているという方は、もしかしたら内臓が冷えてしまっているのかもしれません。

内蔵型冷え性とは

冷え性、というと手足の先が冷えていつも寒い思いをしているというイメージがあります。
手足の先がいつも冷たいのは、その部分の血行が悪いから。血液は酸素や栄養だけではなく熱も運んでいます。
手足の先の血行が悪いとその部分まで血液が十分にいきわたらずにいつまでも冷たいままなのですね。
内臓型冷え性も理屈は同じです。
内臓の周りの血行が悪くなり十分に血液が行き渡らずに内臓が冷えてしまうのですね。
一般的に内臓が最も活発に活動できるのは37度台だと言われています。
これより下になると内臓の働きが鈍くなり、消化不良やむくみなどが起きやすくなるのです。
内臓型冷え性の特徴は、気温が高く手足も十分に暖かいのに寒さやだるさを感じやすいということ。
しかし、手足が暖かいので冷え性ではないと思いこんでしまう人もいます。
また、内臓の温度が下がると免疫力が下がり、夏風邪などを引きやすくなるのです。

主な原因は自律神経の失調だけれど……

内臓型冷え性の主な原因は、自律神経の失調です。
夏は冷房の効いた室内と数歩歩けば汗が噴き出すような屋外とで気温差が大きく、体温調節を司る自律神経が異常を起こしやすくなるのですね。
しかし、内蔵型の冷え性の原因はそれだけではありません。
冷たいものにずっと触れていればその部分が冷えていきますよね。
それと同じように、冷たいものばかり食べ続けていると、内臓は熱を奪われ続けて冷えてしまうのです。
また、レタスやキュウリ、トマトなどの夏野菜は体を冷やす効果のあるものが多く、これらをたくさん摂っていると、体全体が冷えてしまいます。

内臓の冷えが引き起こす病気とは?

内臓が冷えると膀胱炎や月経不順、下痢や便秘などの症状が出てきます。
また、内臓型冷え性が進むと脳の機能まで落ちてきて、「ぼーっとする」「考えがまとまらない」といった症状まで現れてくるかもしれません。
また、上記したように免疫力も落ちますのでアレルギーを発症しやすくなるのです。
「なんだか夏に胃腸がおかしくなって、春になったら花粉症になった」という方はもしかすると内臓型冷え性かもしれません。

食事に一品温かいものを

頑固な内臓冷え性は改善するのは大変ですが、冷たいものを摂りすぎて内臓冷え性になりかけ、という方は食生活を改善するだけで症状が緩和する場合が多いです。
暑いからと「ざるそばに冷やしトマト、ビール」のような食事はさけて、一品でよいですから暖かいものを食べましょう。
具だくさんの味噌汁などは体を温めるタンパク質もとれて一石二鳥です。
また、夏はビールをたくさん飲むという人は、おつまみに体を温めるショウガを使ったものを食べたり、飲み終わった後に暖かい麦茶などを飲むと内臓の冷えを防いでくれます。
お腹の辺りがいつもひんやりとしているという方は、貼るタイプのカイロをおへその2センチほど上に貼り付けてみましょう。
内臓をじんわりと温めてくれますよ。

この記事が役に立った方は、下のボタンを押してシェアをお願いします☆


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院