夜に食べると太りやすいのはなぜ? ダイエット成功の鍵は食べる時間にあった!


太りやすいダイエット経験者なら「夜遅く食べたらいけない」というのはご存ですよね。
しかし、その理由を知っている方は少ないのではないでしょうか?
「夜は活動しないから?」
「あとは寝るだけだから?」
それでは、食べてから運動したら? 食べてから3時間起きていれば太らないのでしょうか?
残念ながらそれではダイエットにはなりません。
実は夜に食べると太りやすい原因は「BMAL1(ビーマルワン)」と呼ばれているタンパク質の働きにあるのです。
このBMAL1は別名「肥満遺伝子」とも呼ばれています。
今回は、BMAL1の働きをご紹介しましょう。

BMAL1を知ろう!

BMAL1は、もともとは体内時計をリセットするタンパク質としてしられていました。
しかし、最近になって脂肪細胞に脂肪を溜め込む働きがあることがわかってきたのです。
BMAL1の働きは体内時計によってコントロールされており、夜10時以降から活発に動き出します。
特に動きが活発になるのが午前2~4時。
この時間帯は「身体が脂肪をため込む時間」といっていいでしょう。
つまり夜10時以降に食べた場合、日中に食べた場合よりも脂肪になりやすいのです。
そして、朝の6時に正常値に戻り、15時頃にもっとも活動が穏やかになります。

どうやって食べたらいいの?

では、BMAL1の働きをダイエットにどのように活かす事ができるでしょうか?
効果的な食べ方を紹介します。

朝はタンパク質を多めにしてしっかり食べます。
昼ご飯は多少脂肪分の多い食事でもOK!
一日の必要カロリーを計算しながら、好きなものを食べてください。

間食はダイエットの大敵と思われていますが、食べる時間帯に気をつければ心配ありません。
また、遅い時間にがっつり食べてしまわないためにも、BMAL1の活動が穏やかな15時頃におやつを食べるのがオススメです。

そして、重要なのが夕食を食べる時間です。
人間は通常、食べ物を消化するのに2時間ほどかかります。
BMAL1が活動をはじめるのが22時からですので、遅くても20時前には食事が終わるようにしましょう。
脂肪分は控え炭水化物も控えめにし、食物繊維をしっかりとります。
ただし、いくら「夕食を軽めに」とはいっても、夕食置きかえや、炭水化物はいっさい食べない、というのもストレスの原因です。
また、家族との大切な時間でもありますので、大切にしたいものです。
朝、昼にとれなかった栄養素をとることができるような献立で、心も満足できる食事をしましょう。

ダイエットは一時だけ痩せればいいというものではないですよね。
太らない食習慣を身につけて、理想の身体を手に入れましょう。

この記事が役に立った方は、下のボタンを押してシェアをお願いします☆


開院10年余りで7万人以上を施術県外・海外から通われている方も!

初回2,000円OFF!県外・海外から来院多数の人気整体院